Easy come,easy go3☆☆☆
easycome3.exblog.jp
ブログトップ
瀬戸内マリンビュー、デビュー☆
先日、広島-三原間を走るリゾート列車「瀬戸内マリンビュー」に乗車してきました!
旦那さんと娘、そして旦那さんのお父さんの4人旅です!

e0190698_1144830.jpg
とっても素敵な列車でしたよー☆

普段は週末のみの運行なのですが、8月は毎日運行しているとのことで、
家族のお盆休みを利用して平日を狙うことにしました。

とはいえ、電話した時点で行きの指定はもう満席・・・。

ということで、往路は山陽本線で新型列車で三原に向かい、
復路を瀬戸内マリンビューで帰ってくることにしました。

もちろん自由席に乗る選択もあったのですが、娘がいるので
万が一座れないと長時間なので大変かな、と思ったのです。

e0190698_12455825.jpg
行きの山陽本線、糸崎行。
新型列車でしたが、3両編成なので混んでいましたー!!!
平日だから広島から座れると思ったのですが、甘かった!

e0190698_11483044.jpg
さて、三原。
タコとやっさ祭りが有名です。
(ちょうどやっさ祭りの翌日に訪れたようです。当日なら混雑だったろうから、良かった!)

e0190698_1150067.jpg
小早川隆景の三原城跡は駅のすぐ裏にあるそうなので、
せっかくなので訪れることにしました。

e0190698_11503416.jpg
碑文。

e0190698_11551082.jpg
三原城跡はJRに貫かれているそうです。

e0190698_1156651.jpg
駅を出て一分でこの風景。
なかなかないですね。

さて、三原城跡を楽しんで、カフェで少し休憩した後、お楽しみの駅弁を購入しました。
リゾート列車で風景を楽しみながらの駅弁。いいじゃないですか☆
e0190698_1157463.jpg
駅弁はやっぱり、三原名物のタコ飯!!!

e0190698_11585646.jpg
やわから~く、味のしみたタコが、激ウマ☆
錦糸卵もきれいですねー!
タレのしみたご飯も、たまりません!!!

美味しかったー!!!

実は、売切れたら困るとカフェで休憩する前に旦那さんの提案でお弁当を
買っておいたのですが、これが正解でした!
カフェから戻ってきたら、たくさんあったタコ飯が売り切れていました。危なかった!

と、列車の話に戻りましょう(笑)。

復路の瀬戸内マリンビューは三原駅を13:30に出ます。
始発駅なので大丈夫だろうと早めにホームに向かうと、列車がない!!!

e0190698_12433655.jpg
結局、発車2分くらい前に登場しました。
うう、みんなで列車の前で記念撮影したかったけど、そんな余裕なかったよう!

e0190698_1234726.jpg
それにしても、オシャレでかっこいい電車です☆

e0190698_125065.jpg
車内は少しレトロな、雰囲気のある装飾です。

e0190698_126185.jpg
海側を走る、ボックス型の指定席。
シートは年季が入っていますが、それもまたよしです。

e0190698_1265318.jpg
ただ、昔ながらのシートなので、大人の男性が2人座るとちょっぴり窮屈かな?

e0190698_126358.jpg
わたしたちが座ったのは、山側のシートです。

こちらは、全員が海が見やすいように、L字型の座席になっています。

最初は海側の方が景色が見やすいのでは?と思っていたのですが、
旦那さんが「娘が安全に座れるように、角席のある山側シートの方がいい」と
言ってくれて、こちらにしました。

結果、大正解!
角席の娘をはさんで座ることで、安心して乗ることができました。
お弁当の件もそうですが、旦那さんの助言、ありがたいですー!^^

e0190698_12135290.jpg
列車が動き出しました。

少し走ると、車窓は一面、海です!!!
きれいー!!!!

e0190698_12141257.jpg
瀬戸内海の多島美が素晴らしいですね。
天気はそれほどよくはなかったのですが、海の青がとてもきれいです。

e0190698_12173065.jpg
「瀬戸内マリン」の名の付いたリゾート列車らしく、車内は船上をイメージしているのかな。
丸い窓の下には、方位磁針に世界地図がありました。

e0190698_12174799.jpg
乗車記念プレート。
みんな代わる代わる持って、記念撮影をしていました☆

こんな雰囲気のある指定席車両ですが、2号車の自由席は意外に普通でした。
e0190698_12211096.jpg
e0190698_1224797.jpg
いや、普通の列車よりは趣はあるのですが、つり革があったり網棚があったり。

うーん、指定券520円の差でこれなら、わたしはやっぱり指定席がいいなあ。

e0190698_12234233.jpg

行きの山陽本線は70分強でしたが、帰りの呉線経由でのこの旅は約2時間半の旅です。
(呉線は列車の待ち合わせも多いのです)

見どころは三原から忠海くらいなのでしょうか。
このあたりで降りていく人が多いです。

うさぎで有名な大久野島へ行くのかな?

呉のあたりも造船風景が見えてわたしはときめいていたのですが(笑)、
ちょうど娘を抱いていたので写真はありません☆

娘はと言えば、思った以上にごきげんでした☆

行きの山陽本線は混んでいて途中の西条までは座れなかったのですが、
列車の揺れが心地よかったのか、ぐずることもなくストンと眠りに落ちていき、
瀬野から三原に着くまでぐっすり眠っていました。

その後、瀬戸内マリンビューに乗ってしばらくはニコニコしていましたが、
またも途中で睡魔がきて、コトン、と。

鈍行列車の揺れ、素晴らしい!!!(笑)

後半は旦那さんが眠った娘を抱いていてくれました。
愛おしそうに抱いていて、見ているこちらも幸せな気持ちになりました。

最初は元気な往路に瀬戸内マリンビュー、と考えていたけど、
帰りにのんびり指定席の皮張りシートで帰ってこれて、よかったなあと思います。

景色のいい時に娘も元気でしたし☆

瀬戸内マリンビューの車窓を楽しむ旅。
とっても楽しかったです!
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-18 12:38 | Comments(0)
娘を連れて函館帰省 その5☆ 子連れ宿泊!
さて、旅行記の続きです。

今回は、娘を連れての初めての連泊。大旅行。
いろいろな宿を楽しみたい気持ちもありますが、ここは労力を省くために
同じ宿に三連泊することにしました。

結果的に大正解。

荷物を運ぶ面倒や時間を気にせず外出の準備ができただけでなく、
子連れ宿泊ゆえのいろいろな気遣いもしていただけました。

今回お世話になったのは、湯の川温泉 平成館しおさい亭さんです。
いろいろ候補があった中で、決め手となったのは「お手頃な価格で部屋食」であること。

娘は夕方にぐずることが多いので、バイキングやレストラン食ではなく、
お部屋でゆっくり夕食を食べられるのが魅力的でした。

朝のバイキングも評判がよいようだったので、それも楽しみで。^^

e0190698_22585790.jpg
じゃーん!!!
朝の海鮮丼!!!
写真を意識してたくさんイクラを乗せたら・・・しょっぱくなりすぎちゃった(笑)。

そして、ヅケマグロとイカ刺し!
イカ刺しはやっぱり生姜醤油ですねえ!^^

e0190698_2314154.jpg
これでもイクラ多すぎるくらい。
夏なのに、なんだかイクラ三昧な旅行でした(笑)。

e0190698_2316463.jpg
朝ごはんのバイキングはどれも美味しくて、魅力的でした☆

久しぶりのホッケや和惣菜はもちろん、夏野菜たっぷりのオムレツや
焼き立てのフレンチトーストなどの洋食も美味しい!

e0190698_23181247.jpg
翌日も似たようなもの食べてます(笑)。
1日目に食べて気に入ったものを厳選してチョイスしました!(笑)

e0190698_23182820.jpg
そして、最終日の朝。
出発前で朝起きたばかりだったのもありますが、あっさりメニュー・・・でもないか(笑)。

おかゆでちょっとあっさりにしてみた割には・・・
e0190698_23222314.jpg
おかわりでフレンチトーストまた食べてしまったり(笑)。

e0190698_23225638.jpg
娘の食事はフリーズドライの離乳食を持って行っていたのですが、
朝食バイキングはおかゆやバナナ、ふかしジャガイモなど、
離乳食に使えるものがいろいろあって、助かりました!

(今なら無糖ヨーグルトや牛乳、卵もいけるなー。ありがたいですね☆)


娘は滞在中、大きくぐずることもなくマイペースに過ごしていました。
e0190698_22595446.jpg
旦那さんが部屋のイスを組み合わせて作ってくれた簡易サークル。
まだおすわりばっかりで、たっちもハイハイもできない娘にはちょうどいい
遊び場になりました!

e0190698_2301382.jpg
そして、宿から借りたバスチェア。
こちら、お風呂ではなくお部屋でベビーチェアとして使わせていただきました。
離乳食食べるときなど、動きが抑えられてありがたいー!

その他、朝食会場でも赤ちゃん用のベビーチェア(単なる子供用イスではなく)を
用意してくださり、ありがたかったです。

滞在中ずっと、同じお部屋係の方がこまめに声をかけてくださって助かりました。
温泉で連泊してゆっくりする、というのもいいものですね。^^


さて、夜の食事も豪勢でした!
e0190698_2333454.jpg
なんと、毛蟹がひとり1杯!!!
ひゃー!!!
タラバズワイ愛はないわたしですが、毛蟹は好きです!好きなんです!

好きだけど、甲殻類アレルギーとなってしまった今は、食べられない・・・!(涙)

e0190698_23342281.jpg
代わりのアワビ、踊り焼。
生きたアワビが暴れる暴れる・・・(笑)。

しっかり焼いたアワビはやわらかくって美味しい。
やっぱりアワビは、生より火を通した方が好きだなー。


e0190698_23343343.jpg
ウニとホタテの入ったあっさり海鮮鍋も美味しかったです。
美味しいホタテはやっぱり北海道だー!!!

と、海の幸満喫☆

翌日は朝も美味しくバイキングを食べ、木古内で鮨を食べ。
夜も当然ごちそうです(笑)。

この日の夜は、木古内の実家からわたしの母が泊まりにきてくれました。
そして、なんと札幌からイトコ母子も同じ宿に宿泊してくれることに!

宿の方にお願いして、一部屋にみんな集まって食事をすることにしました。
わーい!!

e0190698_23391628.jpg
この日のメインは、海鮮しゃぶしゃぶー!!!

e0190698_23393282.jpg
そして、甲殻類が食べられないわたしには、山盛りの白貝が!!
すごいボリュームでした!(笑)

e0190698_22572062.jpg
みんなで気持ち良く、かんぱーい!!^^

e0190698_23441750.jpg
ちょこちょこ美味しくつまみながら、昔懐かしい話などをしました。

気がつくと、男性って旦那さんだけで。
わたしの親族ばかりで疲れたと思うのですが、快く了解してくれて、ありがたかったです。
e0190698_2346929.jpg
キンメの煮付け。
んまーい!!!

娘に離乳食を食べさせたりあやしたりしながら、気がつくと食事開始から
2時間ほど経っていました。
こうやってゆっくりお話しながら食事するって、楽しいなー!

娘もまあまあ機嫌よく過ごしてくれて、ホントによかったです。

e0190698_073576.jpg
そして、3日目は牛鍋と地鶏サラダ・・・など、
お肉とお野菜のメニューが中心でした。

海鮮が続いたわたしたちの心情を読み取ってくれたようで感激!(笑)

e0190698_074860.jpg
あっさり茄子にウニ。
ひんやりして美味しかったー!


そうそう。
この旅で、娘は大浴場デビューしました!!

わたしが怖がりなので、まずは旦那さんが連れて行ってくれたのですが、
娘は楽しそうに大浴場でお湯につかったそうです。

以前はホテルのお風呂の浴槽だけで泣いていたのに!!!

それならば、と、わたしも母に付き添いを楽しんで次の日に大浴場に
連れて行ってみました。

おおお。
笑ってる・・・!!!

なんだか娘が成長したようで、そしてわたしも成長できたようで(笑)、
とっても嬉しかったです!

e0190698_2314955.jpg
お部屋は海側ではありませんでしたが、過ごしやすいお部屋でした。
カモメの鳴く音、久しぶりに聞いたなあ☆

バイキングのレストランは、初日は海のない方の広いお部屋でした。
e0190698_23531474.jpg
海が見えない代わりに、大きなスクリーンに函館のPR映像が流れていました。
きれいな映像で、わたしは地元民なのについつい見ちゃいたくなります(笑)。

e0190698_231998.jpg
翌日は海側のお部屋。
明るくて、やっぱり海がきれい!!!

こっちは席数が少ないので、海側に入れる人は少ないようです。
お部屋が海側ではなかったので、レストランで海を見ることができてよかったです。
ありがとうございました!^^

e0190698_22582515.jpg
湯の川では多いサービスなのかもしれませんが、お土産を一定金額以上購入すると
安い送料で送れる(私物もOK)とのことで、今回はそのサービスを利用しました。

子連れで大荷物だったから、助かりましたー!


娘の初めての大旅行、しおさい亭さんにお世話になることができて
本当によかったです。

ありがとうございました!^^


さて、旅の話はまだもう少し続きます。
次回は3日の、函館でのお話です。

続く!
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-13 23:59 | Comments(0)
娘を連れて、ファミリープール!
旅行記の途中ですが、昨日のイベントのお話を☆
晴天の昨日、旦那さんと娘と3人で、ファミリープールに行ってきました!

娘にとってもちろん初めてのプールですが、実はわたしにとっても
十数年ぶりのプール遊びです☆

e0190698_2159379.jpg
ファミリープールは、大きく3つのプールがあります。
幼児向けのすべり台のあるプール、ゆらゆらと流れるプール、
そして自由に遊べる多目的プールです。

e0190698_21595018.jpg
まずは無料で設置されているブースに荷物とベビーカー(持ち込みOKなんです)を
置いて、水遊びの準備をします。

9か月の娘とのプールで緊張していましたが、周りをみるとベビーカーが多くて。
お隣のシートのお子さんはなんと生後6か月でした!マケタ!(笑)

まずは、すべり台のあるプールで水遊び。

e0190698_22132959.jpg
浅いところで水につけてみると、喜んで自分で水面をたたいて
ばしゃばしゃ遊んでいます。よかった!!!

水着でむちむちのおにくが、たまらないー!

その後は3人で流れるプールへ!!!
旦那さんが娘を抱いて、ゆっくりと流れに乗っていきます。
娘、ほんとに楽しそう!^^

赤ちゃんは楽しんでいても疲れやすいというので、5分を目安に休みながら、
ゆっくりと水遊びを楽しみました。

e0190698_220791.jpg
あがったりまた水に入ったりを繰り返して、気がつくと3時半。
娘の機嫌は悪くないですが、少々疲れが見え始めたので
帰る準備をすることにしました。

濡れた水着を脱がせるのに苦戦してしまって少々泣いてしまいましたが、
それでも大泣きすることもなく空腹を訴えることもなく、帰り支度が終わりました。

e0190698_2202295.jpg
帰りのクルマでは、ぐずることもなく乗った瞬間に
すうっと眠りに落ちていった娘。

たくさん遊んで、疲れたんだね。
すやすや静かに眠っていました。

幸せな休日。
楽しかったです☆
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-13 22:31 | Comments(0)
娘を連れて函館帰省 その4☆ 木古内で親子4代!
木古内の実家に行きました。

e0190698_1892188.jpg
ウニです。
いくらです。(笑)

木古内も新しいお店がいろいろできていて気になるのですが、
今回は娘もいるので実家でゆっくり食べた方がいいかな、ということで
昔からお世話になっている清本鮨の出前をとってもらいました。

やっぱね。
こっちで食べるウニは甘いですよ。
いくらはさらっとして美味ですよ。

なーんて。
でも本当に美味しくて、美しい。

e0190698_1810299.jpg
まずは通常の一人前。
(わたしのは海老とカニをトロとつぶに変えていただきました。うふー☆)

e0190698_1810194.jpg
そして、追加のお寿司。

身の厚いあま~いホタテが食べたかったのー!!!
アナゴも香ばしくって、美味しかったー!!!
広島で食べる煮アナゴももちろん美味しいけど、清本さんの炙りアナゴも恋しくて。

しあわせ☆

・・・って、お寿司を食べにきたんじゃないんでした(笑)。

昨年家を処分した母の、新しい住まい。
楽しく暮らせているようで、安心しました。

仏壇を拝ませてもらって、わたしの昔のアルバムを見せてもらって・・・。
なんだか不思議な感じがしました。

e0190698_18111620.jpg
e0190698_18114482.jpg
実家のネコちゃんたち。ランとマイ・・・かな?
(犬2匹、ネコ3匹います)

終始にこにこしていた娘ですが、目の前をネコが通った時には
大泣きしてしまいました。

初めてのネコに、びっくりしたのかな???
今は泣いている娘ですが、いつか逆にネコを追っかけまわすように
なるのかしら・・・☆

e0190698_18122348.jpg
新幹線木古内駅、北口。
おおおー。
立派になりました!!!
(元のJR駅の北口を知っているだけに・笑)

e0190698_1813276.jpge0190698_18134223.jpg
その後はメインとなる南口(って言うのかしら)へ向かいます。

久しぶりに見る駅前通りは、道路拡張のため、街の景色が変わっていて
違う町のようで驚きました。

えー!古城さんがなーい!道銀がひっこんでるー!
T字路が十字路になってるー!!!

みたいな(笑)。

新しくきれいになったお店もたくさん。
またゆっくり歩いてみたいですねー。^^

e0190698_11473457.jpg
さて、そのあとはずっと行ってみたかった木古内の道の駅へと向かいます。

知内、福島、松前、上ノ国、江差と周辺の町はみんな道の駅があるのに、
木古内に道の駅がないことをずっと寂しく思っていました。

が、まさかこんなに素敵な道の駅ができるなんて!!!

e0190698_1148163.jpg
ご当地キャラ、キーコとご対面☆
わたし、自分で思っていた以上にキーコのこと好きでした(笑)。
テンションが上がります。

e0190698_1814256.jpg
杉の香りのする道の駅。
いいですねえ。
懐かしい商品がいっぱい並んでいて、ついついイロイロと・・・。

久しぶりのべこ餅まで買っちゃいました。(本州にはない)
黒糖うまーい。
e0190698_11523798.jpg


その後は、札幌からきてくれた親戚とともに、わたしの祖母のいる施設へ。

以前病院で会った時よりも元気そうで、安心しました。

もう90を超えていますが、食欲もあって(笑)。
イトコの買ってきた大沼だんごやわたしの持ってきたもみじ饅頭を
その場で美味しそうに食べていました☆

娘を近づけると、娘が祖母に手を伸ばしました。
初めて会ったのに、祖母のやさしい雰囲気が伝わったのかな。

ひ孫を抱く祖母の姿をビデオ撮影して。
今思い出しても、なんだか胸が温かくなる光景でした。

わたしの祖母と、母と、わたしと、娘。
親子4代。
むふふ。

いつか娘が大きくなった時に、見せてあげよう。
それまでにビデオの編集の仕方、身につけなくては!(長期計画)

札幌のイトコ親子と木古内で会うのも久しぶりで、
旦那さんも一緒にこうやって集まれたことが本当にうれしくて。
ありがたかったです。

遠いのにありがとー!!!

***********

雨予報の函館でしたが、滞在中はずっと天気がよくて驚きました。

うちの実家はもちろん、施設の中も冷房がなく・・・。
暑い!!!とにかく暑い!!!!
いつの間にか、冷房に慣れてしまったんだなあ。

北海道民は冬にガンガン暖房をたくのに慣れていて本州の冬に耐えられないといいますが、
本州にいる人間は夏は冷房を使うのに慣れているので、北海道の夏はつらいんだろうなあ。

とはいえ、北海道で冷房が必要なほど本当に暑い日は数日、くらいだからなあ・・・。

でも、ここ数年は以前よりは北海道も暑くなってきているのかな?

結婚のあいさつで数年前の10月に訪れた時も、新婚旅行で9月に訪れた時も、
そういや結構暖かかった、というか暑かったような記憶があります・・・。

うーん、無理せず暑い時はちゃんと涼んでね。


今回の旅のメインイベント、「ばあちゃんとひ孫の対面」は無事に果たせました。

たくさんみんなで写真を撮りました。
嬉しいなあ。

その後は、札幌組と一時分かれて、函館の宿に戻ります。

せっかくなので、途中で寄り道を楽しみながら・・・。
e0190698_129373.jpg
4年ぶりの、スズボクです!

e0190698_121120100.jpg
牛乳ソフトと悩んだ末、久しぶりの抹茶ミックス!!

美味しかったー!!!
うーん、宿の夕食の時間が迫っていなければ、もう一個勢いでいきたいくらいです(笑)。

そして、この後宿へと向かったわけなのですが。

わたくし、函館新外環状道路(しんそとって読むんですね!)が赤川まで伸びているのを
今回の旅で知りました!!!!

茂辺地ICは知っていましたが通るのは初めてで。

e0190698_1217221.jpg
茂辺地から赤川まで乗ったら、未来大近くにあるうちのお墓までぴゅーんと行けちゃう!
なんて便利なの!!!!驚きました~。

でも久しぶりに函館の道を走ったので(運転は旦那さま☆)、
茂辺地からどこで下りるとスズボクに近いのか(IC名前変わりました?)、
記憶をたどりながら周りの風景を注視し、なんとかたどりつきました。

昭和のあたりとか。
どんどん道が変わっていて、自分の記憶もあいまいだし、
もうナビと地図なしでは道案内できないと痛感いたしました。

でも、ナビの示す道以外もいろいろ試しましたけどね☆

そんなこんなで、次回は宿のお話です。

続く!!!
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-08 14:26 | Comments(0)
娘を連れて函館帰省 その3☆ 宿へ向かう!
さて、前回は函館到着まで書きましたが、少しさかのぼって木古内のお話。

(その1、その2はスマホで書いておりまして。やっとデジカメ写真を整理してPCから書いています)

e0190698_10501777.jpg
終着駅のひとつ手前の木古内駅。
木古内はわたしの生まれ故郷です。

北海道に新幹線が来るかも。
そうしたら、木古内の駅前はどうなるか。どうするか。

そんな町の声を聞いていたのはもう20年も前。

ついに。
ついに実現したのかあ・・・。

不思議な気持ちです。

e0190698_10503159.jpg
今回は宿泊の都合上、実家のある木古内ではなく新函館北斗駅を利用します。

なので、せめて車窓からだけでも・・・と、停車中にホームから見える木古内の風景を
見ようとデッキに出てみました。

うん、山だ(笑)。
2人席は町・海側ではなく山側なので、わたしにとっては「いつも通り」の
風景が広がっていました。

e0190698_10504121.jpg
列車が動き出して、新函館北斗へと向かいます。

大好きな釜谷から茂辺地あたりの海も、線路の壁に阻まれてなかなか見えません。
汽車通で函館の高校に通っていた頃、毎日見ていた海。
朝焼けの海も夕暮れの海も、大好きな風景でした。

海を楽しむなら、第三セクターになった従来の路線、
道南いさりび鉄道に乗るのがいいのかな。

子どもが小さいうちは難しいけれども、いつか時間にゆとりを持って、
のんびり車窓を楽しむ鉄道旅もしてみたいな。

e0190698_10504862.jpg
新函館北斗駅に到着。
「みなみ北海道」という表現が新鮮です。

そうか、道南って、みなみ北海道ってことだもんねー。

e0190698_10505635.jpg
北海道らしく、木をたくさん使った駅舎。
かーっこいい!!!

e0190698_1051817.jpg
荷物をたくさん抱えて、娘を抱いて、振り返ってかろうじて撮った写真(笑)。

新函館北斗駅。
立派な駅舎ですね。

現在は駅舎横にホテルを建設中のようです。
今は周りを見回してみると・・・レンタカー屋さんばかりが目立ちます。
到着は平日(金曜)の夕方だったし、少し人通りも寂しかったかな?

木古内も北斗も、今後新幹線開業ブームが落ち着いた後にも、
なんとか集客して盛り上がっていってほしいなー。

e0190698_10511659.jpg
さて、4日間の旅を共にするレンタカーは日産ノート。
娘のためのベビーシートもつけてもらいました。

9か月前だけど大きめの娘。
ベビーシートにするかもう少し大きなシートにするか迷いましたが、
シートとしてはちょうど良かったようです。

でも、金属金具が熱くなったり、乗せ下りの時にシートが回転しなかったり・・・。
自分ちのシートの良さが改めてわかりました(笑)。

e0190698_105125100.jpg
ガス会社近くから。
函館米穀がなんだか懐かしくて。
なんでもかんでも、久しぶりに見る光景は嬉しい!(笑)

大好きなお店の前を通ったり、友人が話していたお店を発見したり、
久しぶりの道を楽しみました☆

e0190698_10513626.jpg
旦那さんの運転で、宿に到着!!

子連れ旅ということで宿には大変お世話になったのですが、
宿についてはまた別にゆっくりまとめて書きたいと思います。

続く!^^
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-08 12:17 | Comments(0)
71年目の8月6日。
娘が産まれて初めての、8月6日。

日が落ちてから、旦那さんと3人で平和公園に行ってきました。
e0190698_2364253.jpg
平和公園はたくさんの人が集まっていました。

朝の式典が終われば少し人は引くかな?と思っていたのは甘い考えでした。
原爆ドーム周辺もたくさんの人が訪れていました。


e0190698_2355620.jpg
ドーム周辺には、手作りのピースキャンドルが灯されていました。
広島近郊の学校だけでなく、岐阜県や長野県など、全国の学校から送られているようです。

e0190698_236614.jpg
わたしたちが着いたことは、ちょうどキャンドルに火を灯した
ばかりだったようです。

もう少しすると、溶けていくんだと近くの人が話していました。
平和への祈りをのせて、昇華していくのだな、と思いました。

e0190698_2361740.jpg
少し日が落ちてきました。

元安川に流される灯篭の灯りが、とてもきれいです。
静かに揺れる水面が、ゆらゆら、きらきら。

たくさん人がいるのに、たまたまドームの正面から見ることができました。

原爆ドームを写真に撮るときは、いつも、少しだけためらいがあります。
特に、今日は、たくさんの方が命を落とした原爆投下の日です。

ですが、ここを訪れるたびに、思うのです。

時が過ぎて、広島は、こんなに平和で美しい街になりました。
戦後の苦しみを乗り越えて、広島はこんなに大きな街になりました。

わたしは、初めて広島を訪れたとき、この事実にとても勇気づけられました。

この広島の美しさを、たくさんの人に知ってもらいたい。
そんな気持ちで、いつも平和公園を訪れています。


今年、原爆ドームの後ろにおりづるタワーがオープンしました。
普段はあまり気にしなかったけれど、こうしてみると、ドームの後ろにばっちり見えますね。

若干複雑な心境もありますが、こうして変わりゆく街の姿も、自然な成り行きなのでしょう。
風景が多少変わったとしても、守るもの、大切にしていくものは、何も変わらなくて。

e0190698_2362893.jpg
灯篭を流す人たちが長い行列をつくっていました。
これから日が落ちるにつれて、この川にたくさんの美しい灯りが灯されていきます。

e0190698_2363528.jpg
黙とうをしたり、おりづるを折ったり、心の中で祈ったり。

平和を願う、祈る気持ちの表れは人それぞれですが、
できることならば、今日のこの気持ちが、日々、心の片隅にでも残っていきますように。

国内外でたくさんの悲しく腹立たしい事件が起こっています。

祈るだけでは何もならないのはわかっていますが、
それでも、やはりいつかもっともっと平和な世の中になってほしいと願っています。
争いが少しでも減っていくことを願っています。
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-06 23:36 | Comments(0)
娘を連れて函館帰省 その2☆いざ、はやぶさへ!
広島から4時間の乗車ののち、東京へ着き、ホームを変えてはやぶさに乗り換えます。

乗り換え時間は30分近くあったので、気持ちに余裕を持ちながら移動したのですが、
東京駅の新幹線ホームがこれまた暑い!!!!

e0190698_12233494.jpg
新幹線は折り返し運行なので、終点の東京では清掃が入るのですが、
これがなかなか終わりませんで・・・。

抱っこひもの娘、暑いし眠いしで、のけぞるほどの大泣きになってしまいました。

抱っこひもからおろそうにも、いつ清掃が終わって列が動くかわからないし。
あの10分が、この旅行で一番ぐずった時間でした。。

結局、乗れたのは4分前。
始発だからって、早めに乗れるわけじゃないんですねー。

娘のためにできる限り涼しいところにいたかったけど、荷物も大きいから
座席の後ろに置くために並ばないといけないし・・・難しいですねえ・・・。
e0190698_12233756.jpg
ホームに表示される北海道新幹線の案内。

我が故郷、「木古内」の文字にくすぐったいような誇らしい気持ち。
本当に木古内に止まるんだなー!

(それにしても、新函館北斗ってローマ字で書くと長いですね・・・)

e0190698_22454782.jpg
さて、列車が動き出して、またもケープで隠しながら授乳をすると、
娘はすとんと眠りに落ちました。

眠っている娘を抱きながら、車窓を楽しみます。

初めての北海道新幹線と言っても、わたしは東京ー八戸間の東北新幹線には
何度も乗っているので、その辺りの新鮮さはないのですが、
やはり子連れだとまた視点が変わりますね。

座席にオモチャを吊るしながら、新函館北斗までの4時間強の新幹線旅を楽しみました。

旦那さんが娘を抱きながら、窓の外の景色を見せていました。
なんだかとっても嬉しい光景。

3人で、わたしの故郷に向かっているんだなあ、って。

娘は寝たり起きたり。

起きている時は、近くの席の子供たちに目を向けます。
どうも、同じくらいの赤ちゃんや子供が気になるみたい。

相手がこっちを見るまで、一生懸命アピールします(笑)。

乗客の方が「かわいいねえ」と微笑んでくださると、娘もニコリと愛嬌よく微笑みます。
うーん、この社交性は親譲りかも(笑)。
e0190698_21410233.jpg
車内誌。
そういえば、こういうの山陽(東海道)新幹線にはなかったなー。

路線によっていろいろなんですね。

そうこうしている間に、新幹線はいよいよ青函トンネルへ。

といっても、手前のトンネルが多くて、いつトンネルに入ったのか
気づかぬままでした(笑)。

津軽海峡線の快速列車の、トンネル進行パネルが懐かしいなあ。

e0190698_21410516.jpg
1才に満たない娘を連れての長旅は、正直迷いました。

でも、どうしても、娘にとってはひとりしかいないひいおばあちゃん、
つまりわたしの祖母に、娘を会わせたかったのです。

飛行機の中で娘がぐずったら逃げ場がないのが怖くて、
羽田乗り換えで函館に向かう飛行機旅は避けました。

それでも新幹線の長旅に9ヶ月に満たない娘が耐えられるのかもとても心配でした。

ですが、結果、娘はとてもよく寝てくれて、離乳食もちゃんと食べてくれて、
子連れ新幹線旅は成功でした!

次回は娘も大きくなっていると思うので多分飛行機旅ですが、
今回、北海道新幹線に乗ることができて良かったです。

特定特急券のためか、デッキに人が溢れていて少しびびりましたが・・・。
(トイレのドアなども塞がれている状態で・・・)

無事に新函館北斗に着いて、車両をパチリ☆

さすがにフラフラでずーしーほっきーの田んぼアートを見る余裕はありませんでしたが、
駅舎を見ながら興奮しておりましたよ☆

わたしは新青森から新函館北斗までは初めてだったのですが、
思っていた以上にトンネルが多くて驚きました。

もう少し海が見えるかなあ、と思っていたので。

いつか、道南いさりび鉄道にも乗ってみたいです。
やっぱり海岸線が好き。

そうして、旅は宿へと向かっていきます。
続く!
[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-03 22:03 | Comments(0)
娘を連れて函館帰省 その1☆のぞみでGO☆
わたしの実家は道南の木古内町。

そこに暮らすわたしの母とわたしの祖母。

つまり、娘にとってのおばあちゃんとひいおばあちゃんに会いに、
もうすぐ9ヶ月になる娘を連れて、旦那さんと3人で新幹線旅をしてきました。

東京乗り換えで、新幹線片道9時間の旅です!

e0190698_21442359.jpg
長い乗車券!!!
なかなかないぞー!(笑)

e0190698_23090957.jpg
往路の山陽新幹線、のぞみ。
東京まで向かいます。

ベビーカーを持っていくか迷ったけど、なくて正解!
駅の構内も電車内も、抱っこひもが身軽で動きやすいです。

そして、泣いた時には交代でデッキであやす覚悟でいたのですが、娘、ほとんど騒がず。

ちょっとぐずり始めた時にケープで隠しながら授乳すると、すとんと眠ってしまって。
結局、7割がた眠っていたような気がします(笑)。

e0190698_7352221.jpg
離乳食は、和光堂のそのまま食べられるタイプのものを持っていきました。
スプーンも入っているし、これまた使い捨てのエプロンをつければ、
車内でも手軽に離乳食を食べさせることができます。

便利ですねえ。

e0190698_23091214.jpg
せっかくなので、多目的室も覗いてみました。

体調が悪い人や、授乳時など、譲り合いながら利用できる小さな個室です。

のぞみの多目的室は、イスをリクライニングにして平らなベッドとして利用できます。

さっと使えると思って抱っこひもを持たずに入ってしまったので、
娘を抱えながらのリクライニング作業に苦労してしまいました。
うーん、リサーチ不足(笑)。

でも、こういう個室の存在はありがたいですね。

(トイレのオムツ換え台がちょっと使いづらかったので・・・)

e0190698_23091952.jpg
ちなみに、朝はドトールのモーニング。
お昼はむさしのお弁当です。

味のしみた蒟蒻。
旨味の染みでる牛肉。
さっぱり酢のきいたゴボウ。

田舎むすびのおかずは、どれも外れなく美味しい!
旦那さんと交代で娘をみながら、しみじみ味わいます。

e0190698_23092242.jpg
シェアして食べた若鶏むすびも美味しかったー!
旅はやっぱりむさしです☆

e0190698_23092540.jpg
富士山・・・らしきもの。
てっぺんがかすかに見えるような。
見えないような。

天気は良かったのですが、雲は厚くて残念。
まだきれいな新幹線富士、見たことないのです~(泣)。

さて、そんなこんなで約4時間ののぞみの旅は終了。
ここから函館に向かうため、北海道新幹線に乗り換えます。

ここが一番の難関だった気がします。
・・・続く!


[PR]
# by poo_easy3 | 2016-08-01 23:10 | Comments(0)